in my 雑記

python bump 日々のことなど

インタビュー記事作成に使えるSublimeText3のプラグインを作った

前回の記事の続きでインタビュー記事作成等に使えるST3のプラグインを作りました。

あらかじめ登録しておいた『〇〇「」』をショートカットキーで
呼び出すことのできるプラグインです。

ショートカットキーで登録してある『〇〇「」』を呼び出して、
セリフを入力していくことも可能ですし、
以下のようにセリフだけ書かれた会話があった場合、
特定の行にカーソルがあればショートカットキーで、
誰のセリフかを記載することができます。

お元気ですか?
元気です。ありがとう。あなたはどうですか?
私も元気です

ジョン「お元気ですか?」
メアリー「元気です。ありがとう。あなたはどうですか?」
ジョン「私も元気です」

プログラム

前回の記事でプラグインの作り方(5分ぐらいで作れます)を書いたのでそれを参考に導入できます。
モジュール部分のソースは以下の通りです。
user1_nameのhoge部分を変更して使ってください。

import sublime
import sublime_plugin

user1_name = 'hoge1'
user2_name = 'hoge2'
user3_name = 'hoge3'
user4_name = 'hoge4'

class User1Command(sublime_plugin.TextCommand):
    def run(self, edit):
        vw = self.view

        # Selection オブジェクトを取得
        sel = vw.sel()

        # Selection から Region オブジェクトを取得
        reg = sel[0]

        # line() で Region を行単位に拡大する
        reg = vw.line(reg)
        ine_text = self.view.substr(reg)

        #文字列加工
        replace = user1_name + '「' + ine_text + '」'

        # カーソルが置かれている行を置き換え
        vw.replace(edit, reg, replace)

        #カーソル位置計算
        num = str(reg)[1:len(str(reg))-1].split(",")
        carsol = int(num[1]) + len(str(user1_name)) + 1

        #カーソル移動
        point = int(carsol)
        self.view.sel().clear()
        region = sublime.Region(point)
        self.view.sel().add(region)
        self.view.show(point)

class User2Command(sublime_plugin.TextCommand):
    def run(self, edit):
        vw = self.view

        # Selection オブジェクトを取得
        sel = vw.sel()

        # Selection から Region オブジェクトを取得
        reg = sel[0]

        # line() で Region を行単位に拡大する
        reg = vw.line(reg)
        ine_text = self.view.substr(reg)

        #文字列加工
        replace = user2_name + '「' + ine_text + '」'

        # カーソルが置かれている行を置き換え
        vw.replace(edit, reg, replace)

        #カーソル位置計算
        num = str(reg)[1:len(str(reg))-1].split(",")
        carsol = int(num[1]) + len(str(user2_name)) + 1

        #カーソル移動
        point = int(carsol)
        self.view.sel().clear()
        region = sublime.Region(point)
        self.view.sel().add(region)
        self.view.show(point)

class User3Command(sublime_plugin.TextCommand):
    def run(self, edit):
        vw = self.view

        # Selection オブジェクトを取得
        sel = vw.sel()

        # Selection から Region オブジェクトを取得
        reg = sel[0]

        # line() で Region を行単位に拡大する
        reg = vw.line(reg)
        ine_text = self.view.substr(reg)

        #文字列加工
        replace = user3_name + '「' + ine_text + '」'

        # カーソルが置かれている行を置き換え
        vw.replace(edit, reg, replace)

        #カーソル位置計算
        num = str(reg)[1:len(str(reg))-1].split(",")
        carsol = int(num[1]) + len(str(user3_name)) + 1

        #カーソル移動
        point = int(carsol)
        self.view.sel().clear()
        region = sublime.Region(point)
        self.view.sel().add(region)
        self.view.show(point)

class User4Command(sublime_plugin.TextCommand):
    def run(self, edit):
        vw = self.view

        # Selection オブジェクトを取得
        sel = vw.sel()

        # Selection から Region オブジェクトを取得
        reg = sel[0]

        # line() で Region を行単位に拡大する
        reg = vw.line(reg)
        ine_text = self.view.substr(reg)

        #文字列加工
        replace = user4_name + '「' + ine_text + '」'

        # カーソルが置かれている行を置き換え
        vw.replace(edit, reg, replace)

        #カーソル位置計算
        num = str(reg)[1:len(str(reg))-1].split(",")
        carsol = int(num[1]) + len(str(user4_name)) + 1

        #カーソル移動
        point = int(carsol)
        self.view.sel().clear()
        region = sublime.Region(point)
        self.view.sel().add(region)
        self.view.show(point)

キーバインドの設定は以下のようにしました。
これも、自分の使いやすいショートカットに変更して使ってください。

[
    { "keys": ["super+_"], "command": "user1" },
    { "keys": ["super+/"], "command": "user2" },
    { "keys": ["super+."], "command": "user3" },
    { "keys": ["super+,"], "command": "user4" },
]

これくらいの簡単なプラグインなら10分ぐらいで作れちゃうんで、
ST3はpython好きにはもってこいのテキストエディタですね。