in my 雑記

python bump 日々のことなど

BUMPのこれだけは聞いておけって曲5選

中学生の頃、BUMPのフラッシュ動画を見てそこからファンになり
かれこれ、10年以上追っかけています。

去年結成20周年を迎え、初期の頃から見ているファンから
「変わってしまった」と良く言われがちなBUMPの、初期から現在の曲で
これだけは聞いて欲しいという人気曲を紹介します。

1.天体観測

www.youtube.com

アルバム: jupiter (2002年発売) 
オリコン:最高1位(235週登場)  

良くも悪くもBUMP OF CHICKENを世間に知らしめたのがこの曲。
BUMPを初めて聞いたという人でも「あぁ、この曲は知っている」
という人がほとんどではないだろうか。
カラオケのランキングには15年経った今でもランクインしているし、
オリコンランキングには45週もランクインしたのだ!
一聴、彼女と天体観測へ行く曲のように聞こえるが、
BUMPの他の曲を聴きこんでいると他の意味合いも見えてくる、
非常に懐の深い曲。

2.ray

www.youtube.com

アルバム: RAY (2002年発売) 
オリコン:最高1位(57週登場)  

BUMPが変わったといわれるようになった曲の一つ。
とてもポップな曲調で初音ミクとデュエットという予想外のコラボをした。
サビは「生きるのは最高だ!」という力強く前向きなフレーズを使っているが、
作詞をしているボーカル曰く「そんなに前向きな曲じゃない」らしい。
この頃から、昔はベストアルバムは出さないと言っていたのに
ベストアルバムを出し始めたり、変化していく。
この曲を含め、アルバムRAYは変化について歌っている曲が多い。

3.Butterfly

www.youtube.com

アルバム: Butterflies(2016年発売) 
オリコン:最高1位(44週登場)  

最新のアルバム「Butterflies」の代表曲「Butterfly」。
最近流行りのEDMでノリノリの曲調。 ライブでとても盛り上がる!

4.メーデー

www.youtube.com

アルバム: orbital period (2007年発売) 
オリコン:最高2位(67週登場)  

BUMPらしいバンドサウンドの曲で、詩もまさにBUMPという曲。 バンプの曲は嫌いな自分と好きな自分が自己対話している曲が多いが、
この曲はそれに加えて、自己対話している人を助けようとしている
人物が登場している。 この曲は、BUMPの曲の最初期から感じるメッセージ性を感じることができる。

5.車輪の唄

youtu.be

アルバム:ユグドラシル (2004年発売) 
オリコン:最高1位140週登場)  

昔のBUMPでよくあった、物語調になっている曲。
物語になっている曲は「K」、「ダンデライオン」、「ラフ・メーカー」等
あるが、この曲だけは圧倒的にリアリティーがある。
他の曲はライオンがタンポポになったり、訳の分からない笑わせたい人間の曲
だったりするが、この曲だけはドラマのワンシーンのような情景が思い浮かぶ。
ただし、恋人同士の別れの曲かと問われたとき、作詞家は違うと否定している。

おわり

各アルバムから有名な曲をチョイスしていったらこのような選曲になった。
割と自分の好みとは関係なく、有名な曲のみを選曲した。